株式会社トレンドExpress
ニュース

株式会社トレンドExpress、1.8億円の資金調達を実施 ~アジア圏におけるデータに基づいたマーケティング支援を加速~

概 要

株式会社ホットリンクグループである株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:濵野智成 以下、トレンドExpress)は、Draper Nexus Venture Partners II, LLC(カリフォルニア州サン・マテオ)ほか2社を割当先として、第三者割当により増資を実施したことを発表します。

増資概要と目的

株式会社トレンドExpressは、「人と世界をつなぐ」をミッションに掲げ、日本企業の外需の積極的な取り込みを推進すべく、中国を中心とした越境マーケティング事業(クロスバウンド事業)を拡大してまいりました。2017年6月にリニューアルしたマーケティングメディア「中国トレンドExpress」や、中国人消費者のクチコミ拡散を最大化するサービス「トレンドPR」がお客様にご好評いただいており、事業全体は急成長を遂げております。

日本政府観光局の発表にあるように訪日外客数は増加の一途をたどり、また日本企業の外需取り込みの動きは、人口減少に伴いさらに積極的になることは間違いなく、ますます中国やアジア向けプロモーション支援のニーズは増加していくことが予測されます。当社においては当事業のサービス拡充を図る必要があることから、当事業の運営に必要な開発費、広告宣伝費及びその他事業遂行に係る資金を調達することを目的に、Draper Nexus Venture Partners II, LLC、株式会社アコード・ベンチャーズ、株式会社エボラブルアジアを割当先として、第三者割当により1.8億円の増資を実施いたしました。

今後の展開について

今後につきましては、集客、販売、CS対応、物流まで全てをトータルサポートする越境EC事業の開始や、台湾、香港、韓国などをはじめとしたアジア圏向けプロモーションサービスの強化などを図ってまいります。

また、ホットリンクグループの強みであるソーシャル・ビックデータを主軸としたプロモーションサービス開発にも引き続き注力することで、データに基づいた成果の高いマーケティングを支援して参りますので、どうぞご期待ください。

Draper Nexus Venture Partners II, LLC倉林 陽氏コメント

拡大する中国市場に挑む日本企業に対し、ソーシャル・ビッグデータ分析技術を活用したマーケティングソリューションを提供するトレンドExpressについては、弊社の日本での投資注力分野での成長企業として注目しておりました。これまでのSaaS、ビッグデータ分析、デジタルマーケティング分野での投資知見を活用し、今後のトレンドExpressの業界でのリーダーシップの確立をご支援できればと考えております。

株式会社トレンドExpress 代表取締役社長 濱野智成コメント

日本は、人口減少に伴って内需の低下が深刻化し、今後は益々訪日観光客需要への対応や越境ECによる外需の取り込みが本格化していくと予想しています。我々は、中国を中心としたソーシャル・ビッグデータの利活用の強みを活かして、海外消費者の動向やニーズをいち早く掴み、日本企業の海外向けプロモーションの成功確率を高めることで、売上拡大の支援を行っております。今回の資金調達を経て、サービス拡充と人員増強を加速し、市場における圧倒的No.1の存在を目指して参りますので、今後もご支援の程よろしくお願い申し上げます。

Page Top