株式会社トレンドExpress
プレスリリース

トレンドExpress、中国検索シェア第1位「百度(バイドゥ)」の 「基幹代理店」に認定

トレンドExpress、中国検索シェア第1位「百度(バイドゥ)」の 「基幹代理店」に認定

中国を中心とする消費者ビッグデータをベースにクロスボーダーマーケティング及び越境EC事業を行う株式会社トレンドExpress(東京都千代田区、代表取締役社長 濵野智成、以下:トレンドExpress)は、中国最大の検索エンジンを提供する「百度(読み:バイドゥ、以下、百度)」の日本法人であるバイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 張成煥(Charles Zhang) 以下、百度日本法人)と基幹代理店契約を締結いたしました。

百度は、中国における検索エンジンのマーケットシェアで約90%を占める圧倒的ナンバー1の検索サービス(※1)で、1日の平均検索回数は約100億回、月間利用者数は6億人を超える規模を誇ります。このたび、百度日本法人の基幹代理店に認定されたことにより、トレンドExpressは、年間800万人以上(※2)の訪日中国人観光客を含む中国在住の消費者にむけて、既存のソーシャルビッグデータ(クチコミ)を活用したPR・プロモーション施策に加えて、新たに有力な百度の広告ソリューションを展開することが可能となりました。
(※1 :百度HP  https://www.baidu.jp/info/ad/reason.php )
(※2 :JNTO  https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/190116_monthly.pdf )

「百度広告」基幹代理店について
百度日本法人の基幹代理店は、中国のWEBマーケティングや百度の各広告商品に関する専門的な知見と実績を有し、広告主様のニーズにあわせた、適切な提案や運用、良質なサポートを提供できる代理店として、百度日本法人から公式に百度広告の取扱いを認定された企業を指します。

トレンドExpressは「人と世界をつなぐ」というミッションのもと、グローバル市場・消費者の理解促進を図り、お客様のグローバルビジネスの成功にむけた支援を実施してまいります。

 【バイドゥ株式会社 会社概要】
中国の検索市場において第1位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(百度)(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人です。2006年12月に設立以降、法人企業さまの中国でのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC対策などをサポートすべく、中国語圏向けのリスティング広告、アドネットワーク広告などのインターネット広告商品を提供するほか、累計3,700万ダウンロード(2019年8月時点)を誇る日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」(2011年12月よりAndroid版、2014年9月にiOS版を提供)を提供しています。また、2015年5月より、Webメディア様向けレコメンドエンジン、アドネットワーク広告や画像レコメンドエンジン、IoT製品「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)を提供するpopIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程涛)がグループに加わっています。
バイドゥ株式会社公式サイト: https://www.baidu.jp/